スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

ローマの休日  ~映画評 その2~

2013.10.30(Wed) | EDIT

もう、大定番の映画。
今更自分が言うこともないようなものですが。

ローマの休日
製作年度: 1953年 上映時間: 118分 制作国: アメリカ

【あらすじ】
ヨーロッパ各国を親善旅行中のアン王女(A.ヘップバーン)は、公務に追われ疲れきっていた。
そしてついに滞在中のホテルを抜け出してしまう。
従者もなくひとりでローマの街を楽しむアンだったが、
侍医から無理に処方された睡眠薬が効き始め、ベンチで眠り込んでしまう。
そんな彼女を介抱したのが、しがないアメリカ人新聞記者のジョー・ブラッドレー(G.ペック)だった。
彼女の正体を知ったジョーは、大スクープをものにしようと彼女を連れ回すのだが……。

午前十時の映画祭より

【ゆけゆけ猛虎の感想】
たった一夜の王女と新聞記者の恋。
結ばれないんですよね。二人は。
最後、王女の去った後を見つめるジョーの姿が堪らなくなります。
最後のシーンは何度見てもキュンとします。

アン王女が髪を切り、ジェラートを食べ、タバコを吸い、ヴェスパに乗り、
真実の口、ダンスパーティ。
冒険をして生き生きとしてきたアン王女の姿が嬉しくなります。

やっぱり、オードリーヘップバーンが可愛いですよね。

ローマの休日



ランキング参加中 クリックしていただくと喜びます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 日々徒然

21:03 | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

ゆけゆけ猛虎

author ゆけゆけ猛虎


阪神タイガース応援中
ゆかいなおばちゃんです♪
素人がいろいろささやいてます


詳しくはこちら

最近の記事

過去の記事はこちら

Calendar

<< 10
2017
>>
 日  月  火  水  木  金  土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

なにかあればどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。